【おすすめ】パソコン作業に最適なlogicoolのマウス【mx2200s】

その他

現在仕事でパソコンを多用している方で、作業効率を少しでも向上させたい方はいませんか?

今回はそんな方におすすめ名『logicool』の「MX MASTER 3 MX2200s MG」という高級いうマウスを紹介します!

結構高いマウスなので、購入するのに勇気がいるかと思うので、マウスの買い換えに迷っている方は是非参考にしてください!

スポンサーリンク

はじめに

この記事は

  • MX MASTER 3の購入を検討している方
  • 高級マウスに変えたいが高くて買う勇気が出ない方
  • 購入しても自分のPCで使用できるか不安な方
  • 現在のマウスに不満がある方

に読んでいただけると、マウス購入の際に参考になると思います。

私も500円のマウスから今回のマウス(14850円)を購入して失敗したら痛いなと思いながら購入しました。

また今回は①購入までに悩んだ商品との簡単な比較②使用までの初期設定③使用して3時間の感想 について紹介します。

なので今回は詳しい設定方法やボタン設定までは紹介しないので、マウスに関して上・中級者の方にはあまり参考にならないかもしれません。

 今回購入したマウス(MX MASTER 3)とその他悩んだマウス


購入したマウスの簡単な概要

商品名MX MASTER 3
MX2200s MG
メーカーlogicool
価格14850(ビックカメラ)

下に実際に購入したパッケージ画像を貼ってます。

購入したのは薄いグレーのものですが写真の写りが悪いのかパッケージは黒に見えますね。。。

この商品をはじめに見たときは「かっこいい!」「高い!!!」と思いました。笑

しかし選んだ理由としては

  1. かっこいい笑
  2. 水平スクロールが出来る
  3. ページ移動がマウスで可能
  4. 作業タブをマウスで変更できる
  5. 私のノートPCが白のためなるべく色を合わせたかった
  6. レーザー式でガラスの上でも感知して操作できる

主にこの理由で購入したいと思ってました。①と②番の要素はかなり大きかったです。

しかし500円マウス利用者にとっては、即決して購入出来なかったのでほかに2種類のマウスと比較してました。

比較① MX ANYWHERE 3(logicool)


製品概要

商品名MX ANYWHERE 3
MX1700PG
メーカーlogicool
価格10780円(楽天)

この商品は同じメーカーで尚且つ価格比較的安いものです。(安いといっても10000円を超えてますが。。。)

ただこのマウスを選ばなかった理由としては

  1. 水平スクロール用のマウスボタンがない
  2. どうせ1万なら頑張って15000円の買いたいマウスを購入した方が後悔しない

などでした。

特にうp主は水平スクロールを仕事でかなり使用するためこの昨日は必須でした。

次に迷った商品はその水平スクロール付きのマウスでした。

比較② M-DWL01DBBK(エレコム)


製品概要

商品名M-DWL01DBBK
メーカーエレコム
価格6028円(楽天)

この商品は私が求めていたものをほとんど抑えており、尚且つ価格が6000円台でした!

この価格のせいで店頭でずっと悩みなかなか購入まで出来ませんでした。

結局私がこのマウスを選ばなかった理由は

  •  充電式ではなく電池式であったこと
  •  パッケージに記載されていた内容からMX MASTER 3の方が多機能に感じたため
  •  白系の色のものがなかったこと

でした。

正直今でもこっちにしてもかなり満足してたのではないかと思ってます。

なので価格を抑えたい方はもしかしたらこちらでも良いのかもしれませんね。

 使用までの初期設定

購入してから実際に使用までにしたことを説明しますね。

ここは本当にパソコンになれてない人や、多機能マウスを購入しても大丈夫なのか不安な人に向けての内容なので、人によっては退屈かもしれないのでその場合は次の項目まで飛ばしてください。

①製品の中身

中身はシンプルな黒い箱の中に入っており、マウスと充電コード(Type-C)、USB、保証書の4点が入ってました。

②接続

パソコンを起動した状態で付属していたUSBを接続

※今回は簡単なUSB接続での使用方法を紹介しています。Bluetoothでの接続方法が知りたい方はコメントください。

USB接続後はマウス本体の電源を入れます。

マウス裏に説明シールがあるのでそれをはがして、下の赤丸で示した所のスイッチを下にして電源を入れます。(あらかじめ充電はある程度されているみたいなので問題がなければすぐに起動するはずです。

電源を入れて実際に動かしてみるとなんと、もう動いていることがわかります。

これだけでも十分マウスとしてしようが出来ます。

水平スクロール等も十分使えるようになってます。

③初期設定

ここから先はマウスを接続したら出てくる初期設定について説明します。

接続後画面にインストールの案内の画面が出てきます。

そのままインストールを進めると下の画像の画面が出てきます。

とくに何もなければ『はい、分析データを共有します』をクリック。

つぎにログイン画面が来るため、指示に従ってログインを行うと初期設定画面に移行します。

ログイン後『続行』をクリックすると下の画像のようにマウスの細かな説明画面が出てきます。

ここである程度の基本操作を確認してみても良いと思います。

特に驚いたのは3枚目の機能(ジェスチャボタン)でした。

そもそもここにボタンがあることに気がついておらず、なのに使い慣れるとかなり重宝するボタンでした。具体的な機能は最後の項目で説明します。

最後に各種ワードやエクセルなどに合わせたマウスボタン設定を行ってくれる画面に来るのでここでも門だがなければ、『続行』で適正化してもらいましょう。

ここまですれば基本設定は終了です。

今まであった機能初回は又何度も見れるようになってます。

使用直後3時間の感想

マウスの重さは操作中は特に感じませんが持ち上げると少し思い印象でした。

しかし動きはスムーズなので全く気になりませんでした。

水平スクロールボタンはネットを複数のタブで開いているときなどにタブの移動に利用できかなり作業効率が良くなりました。

またジェスチャボタンがなれるとかなり有能で、マウス操作だけでデスクトップの画面を切り替えられるのは助かりました。

まとめ

個人的にはこのマウスを購入して後悔は全くありませんでした。

むしろほかので妥協しなくて良かったと感じてます。

この記事を読まれている方もかなりマウスの購入に悩まれているかと思いますので、もしこんな機能はあるか気になる方がいましたら、お気軽にコメントください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました