【解説】届出と許可どっちが必要?自宅で食品の転売をしてたら要注意

食品

令和3年6月1日から食品衛生法の改正・施行がされます。

その中で新しく営業届出制度が創設されましたが、この営業届出は許可とは異なるものです。

しかし、食品の転売をしている方は、まだ自分が許可が必要なのか届出が必要なのか把握できていない方もいらっしゃるかと思います

中には気がつかないうちに許可のいる行為をしていたり、届出をまだしていない方がいるかもしれません。

なので今回は食品の転売を自宅で行っている方が必要となる手続きなどをかんたんに解説します。

スポンサーリンク

はじめに(自宅で食品の転売を行っている方は特に注意が必要です!)

今回本記事を読んでいただきたい方は

  • 食品の転売を行っている方
  • 自宅で食品に関わる営業を行っている方
  • 自身がしている営業が届出が必要か、許可が必要かわからない方

などが対象です。

結論(そもそも自宅でやっていいの?)

結論としては、単に既製品のものを開封などせずに、販売する場合は許可は不要です。

ただ既製品のものであっても、要冷蔵や要冷凍の商品を販売している場合は、食品衛生申請等システムで保健所に届出が必要です。

自宅でできることできないことまとめ

自宅でできない場合(許可がいる行為など)

基本的に自宅でできない場合は、可必要な営業を行っている場合になります。

許可が必要な営業の場合、営業するための施設基準が法律で明確に定められています。

その施設基準に沿った営業施設を備える必要がありますが、そこの文言に明確に「自宅と区画すること」と定められています。

なので、自宅の中で許可が必要な行為を行おうとしている人は、保健所の調査で不合格となるでしょう。

施設基準についてはこちらを参考→【解説】食品衛生法改正後の共通施設基準をわかりやすく簡単まとめ | 肥前正宗 食品・グルメ情報サイト (hizenmasamune.com)

具体的に許可がいる行為とは?

許可がいる営業は、簡単にまとめると食品に直接触れる場合は許可が必要なパターンがほとんどです。

具体例としては、「有名店のチーズケーキをカットして小分けにして販売」したり、「既製品の食品を開封して新しく別の包装を行って販売」する場合等です。

こういった場合は、菓子製造業の許可や、食品の小分け業などの許可が必要になってきて、

施設基準も必要となってくるため、原則自宅ではできないです。

許可業種についての解説記事→【解説】食品衛生法改正で新たに許可業種となるものまとめ | 肥前正宗 食品・グルメ情報サイト (hizenmasamune.com)

自宅でできる場合

自宅でできる食品の販売としては基本的に単なる販売行為などがあります。

既製品で既に包装されたお菓子などの販売は、基本許可の対象ではありません。(※自治体によっては、独自の許可を持っているところもあるため念のため確認することをお勧めします。)

許可がいらない業種であれば、法律上は施設基準が営業施設にかかってくることがありません。

よって施設基準にある「自宅と区画すること」という部分が対象になってきません。

なので自宅での販売行為が可能となってきます。

ただし注意が必要で、販売する内容によっては届出が必要になってきます。

行わないと行けない手続き

許可業種と届出業種でそれぞれ行わなければならない手続きが異なります。

許可の場合

許可の場合は自治体によって異なりますが主に下記の流れで行う必要があります。

  1. 事業内容確認   :自身の営業内容を整理しリスト化する。
  2. 営業予定施設の確認:営業店舗の図面を準備する
  3. 保健所相談    :保健所に行き営業予定地の図面が問題ないか確認してもらう。
  4. 工事着工     :営業施設を購入・工事をする
  5. 申請       :保健所に手数料などを持って申請を行う
  6. 調査       :保健所による営業施設の調査を受ける
  7. 許可交付     :問題がなければ許可が下りる
  8. 営業開始!

届出の場合

届出の場合は許可とは違い、施設の調査などはありません。

しかしネットでの保健所に届出の申請等が必要です。

  1. 食品衛生申請等システムを開く
  2. アカウント作成。
  3. 届出申請
  4. 保健所より受付確認済メールが届く
  5. 営業開始!

実際の届出方法やアカウント作成方法はこちらを参考に確認してください

食品衛生申請等システムでの届出方法→【解説】食品衛生申請等システムの届出の方法をわかりやすくまとめ | 肥前正宗 食品・グルメ情報サイト (hizenmasamune.com)

さいごに(届出と許可の具体的な違いについてはこちらを参考に)

今回の記事は自宅で食品の販売を行っている方が、知らず知らずのうちに違法行為を行ってしまわないように作成いたしました。

これから又は既に食品の転売や販売を行っている方は是非今回の記事を参考にして、他の本サイトも読んで自分しなければいけない事を理解していただけたらと思います。

参考までに、まずは許可と届出の違いについて読んでいくのも良いかもしれないので、参考までにリンクを貼っておきます。

許可と届出についての解説→【解説】食品の営業許可と届出の違いはなに?わかりやすく簡単まとめ | 肥前正宗 食品・グルメ情報サイト (hizenmasamune.com)

※画像は最近食べたひとり焼肉ができるお店の「ホルモンうどん」です。(興味ある方は記事書いているので見てみてください!)

参考資料

厚生労働省:000759735.pdf (mhlw.go.jp)

コメント

タイトルとURLをコピーしました