【情報】キッチンカーに必要な設備をについて書かれている法律を紹介

食品
スポンサーリンク

はじめに(施設基準を厚生労働省の条文原文のまま紹介)


この記事ではこういった方におすすめしてます。

  • 食品衛生法改正後のキッチンカーの施設基準について知りたい方。
  • ネットで新しい許可基準について調べても全然見つからない方。
  • 令和3年6月1日以降にキッチンカーを開業する予定の方。
  • キッチンカーの施設基準を厚生労働省の施行規則の原文でとりあえず知りたい方。
  • キッチンカー用の施設基準の印刷用の画像が欲しい方。

におすすめです。

本記事では食品衛生法改正後の許可施設における施設基準のうち、共通基準についての条文の原文をそのまま紹介しています。

わかりやすく解説したものを確認したい方は別記事にあるのでそちらを参照してください。

キッチンカーの施設基準についてわかりやすく解説:【まとめ】キッチンカーの施設基準についてわかりやすく解説 | 肥前正宗 食品・グルメ情報サイト (hizenmasamune.com)

食品衛生法改正 新施設基準についてわかりやすく解説→【解説】食品衛生法改正後の共通施設基準をわかりやすく簡単まとめ | 肥前正宗 食品・グルメ情報サイト (hizenmasamune.com)

では次の項目から早速紹介していきます。

施設基準


別表第19 第一号

一 施設は、屋外からの汚染を防止し、衛生的な作業を継続的に実施するために必要な設備、機械器具の配置及び食品又は添加物を取り扱う量に応じた十分な広さを有すること。

厚生労働省HPより

別表第19 第二号

食品又は添加物、容器包装、機械器具その他食品又は添加物に接触するおそれのあるもの(以下「食品等」という。)への汚染を考慮し、公衆衛生上の危害の発生を防止するため、作業区分に応じ、間仕切り等により必要な区画がされ、工程を踏まえて施設設備が適切に配置され、又は空気の流れを管理する設備が設置されていること。ただし、作業における食品等又は従業者の経路の設定、同一区画を異なる作業で交替に使用する場合の適切な洗浄消毒の実施等により、必要な衛生管理措置が講じられている場合はこの限りではない。なお、住居その他食品等を取り扱うことを目的としない室又は場所が同一の建物にある場合、それらと区画されていること。

厚生労働省HPより

別表第19 第三号

イ じん埃、廃水及び廃棄物による汚染を防止できる構造又は設備並びにねずみ及び昆虫の侵入を防止できる設備を有すること。


ロ 食品等を取り扱う作業をする場所の真上は、結露しにくく、結露によるかびの発生を防止し、及び結露による水滴により 食品等を汚染しないよう換気が適切にできる構造又は設備を有すること。


ハ 床面、内壁及び天井は、清掃、洗浄及び消毒(以下この表において「清掃等」という。)を容易にすることができる材料 で作られ、清掃等を容易に行うことができる構造であること。

ニ 床面及び内壁の清掃等に水が必要な施設にあつては、床面は不浸透性の材質で作られ、排水が良好であること。内壁は、 床面から容易に汚染される高さまで、不浸透性材料で腰張りされていること。

ホ 照明設備は、作業、検査及び清掃等を十分にすることのできるよう必要な照度を確保できる機能を備えること。


へ 水道事業等により供給される水又は飲用に適する水を施設の必要な場所に適切な温度で十分な量を供給することができる 給水設備を有すること。水道事業等により供給される水以外の水を使用する場合にあつては、必要に応じて消毒装置及び浄 水装置を備え、水源は外部から汚染されない構造を有すること。貯水槽を使用する場合にあつては、食品衛生上支障のない 構造であること。


ト 法第十三条第一項の規定により別に定められた規格又は基準に食品製造用水の使用について定めがある食品を取り扱う営業にあつては、ヘの適用については、「飲用に適する水」とあるのは、「食品製造用水」とし、食品製造用水又は殺菌した海水を使用できるよう定めがある食品を取り扱う営業にあつては、ヘの適用については、「飲用に適する水」とあるのは、「食品製造用水若しくは殺菌した海水」とする。


チ 従業者の手指を洗浄消毒する装置を備えた流水式手洗い設備を必要な個数有すること。なお、水栓は洗浄後の手指の再汚 染が防止できる構造であること。

リ 排水設備は次の要件を満たすこと。
 (1) 十分な排水機能を有し、並びに水で洗浄をする区画及び廃水、液性の廃棄物等が流れる区画の床面に置かれていること
 (2) 汚水の逆流により食品又は添加物を汚染しないよう配管され、及び施設外に適切に排出できる機能を有すること。
 (3) 配管は十分な容量を有し、及び適切な位置に配置されていること。


ヌ 食品又は添加物を衛生的に取り扱うために必要な機能を有する冷蔵又は冷凍設備を必要に応じて有すること。製造及び保存の際の冷蔵又は冷凍について法第十三条第一項により別に定められた規格又は基準に冷蔵又は冷凍について定めがある食品を取り扱う営業にあつては、その定めに従い必要な設備を有すること。


ル ねずみ、昆虫等の侵入を防ぐ設備及び侵入した際に駆除するための設備を必要に応じて有すること。

ヲ 次に掲げる要件を満たす便所を従業者の数に応じて有すること。
 (1) 作業場に汚染の影響を及ぼさない構造であること。
 (2) 専用の流水式手洗い設備を有すること。

ワ 原料等を種類及び特性に応じた温度で、汚染の防止可能な状態で保管することができる十分な規模の設備を有すること。
 また、施設で使用する洗浄剤、殺菌剤等の薬剤は、食品等と区分して保管する設備を有すること。

カ 廃棄物を入れる容器又は廃棄物を保管する設備については、不浸透性及び十分な容量を備えており、清掃がしやすく、並びに汚液及び汚臭が漏れない構造であること。

ヨ 製品を包装する営業にあつては、製品を衛生的に容器包装に入れることができる場所を有すること。

タ 更衣場所は、従事者の数に応じた十分な広さがあり、及び作業場への出入りが容易な位置に有すること。

レ 食品等を洗浄するため、必要に応じて熱湯、蒸気等を供給できる使用目的に応じた大きさ及び数の洗浄設備を有すること

ソ 添加物を使用する施設にあつては、専用の保管することができる設備又は場所及び計量器を備えること。

厚生労働省HPより

別表第19 第四号

イ 食品又は添加物の製造又は食品の調理をする作業場の機械器具、容器その他の設備(以下この別表において「機械器具等」という。)は、適正に洗浄、保守及び点検をすることのできる構造であること。


ロ 作業に応じた機械器具等及び容器を備えること。

ハ 食品又は添加物に直接触れる機械器具等は、耐水性材料で作られ、洗浄が容易であり、及び熱湯、蒸気又は殺菌剤で消毒が可能なものであること。

ニ 固定し、又は移動しがたい機械器具等は、作業に便利であり、及び清掃及び洗浄をしやすい位置に有すること。組立式の機械器具等にあつては、分解及び清掃しやすい構造であり、並びに必要に応じて洗浄及び消毒が可能な構造であること。
 

ホ 食品又は添加物を運搬する場合にあつては、汚染を防止できる専用の容器を使用すること。
 

ヘ 冷蔵、冷凍、殺菌、加熱等の設備には、温度計を備え、及び必要に応じて圧力計、流量計その他の計量器を備えること。
 

ト 作業場を清掃等するための専用の用具を必要数備え、これらの保管場所を有し、及び従事者が作業を理解しやすくするために作業内容を掲示するための設備を有すること。

厚生労働省HP

別表第19 第五号

イ 令第三十五条第一号の飲食店営業にあつては、第三号ヨの基準を適用しない。

ロ 令第三十五条第一号の飲食店営業のうち、簡易な営業(そのままの状態で飲食に供することのできる食品を食器に盛る、 そうざいの半製品を加熱する等の簡易な調理のみをする営業をいい、喫茶店営業(喫茶店、サロンその他設備を設けて酒類 以外の飲物又は茶菓を客に飲食させる営業をいう。)を含む。別表第二十第一号(1)において同じ。)をする場合にあつては イの規定のほか、次に定める基準により営業をすることができる。
(1) 床面及び内壁にあつては、取り扱う食品や営業の形態を踏まえ、衛生上支障がないと認められる場合は、不浸透性材料以外の材料を使用することができる。
(2) 排水設備にあつては、取り扱う食品や営業の形態を踏まえ、衛生上支障がないと認められる場合は、床面に有しないこ ととすることができる。
(3) 冷蔵又は冷凍設備にあつては、取り扱う食品や営業の形態を踏まえ、衛生上支障がないと認められる場合は施設外に有することととすることができる。
(4) 食品を取り扱う区域にあつては、従業者以外の者が容易に立ち入ることのできない構造であれば、区画されていることを要しないこととすることができる。

ハ 令第三十五条第一号の飲食店営業のうち、自動車において調理をする場合にあつては、第三号ニ、リ、ヲ及びタの基準を適用しない。

ニ 令第三十五条第九号の食肉処理業のうち、自動車において生体又はとたいを処理する場合にあつては、第三号ヲ、ワ及びタ並びに第四号ホの基準を適用しない。

厚生労働省HPより

別表第20 1

一 令第三十五条第一号の飲食店営業
自動車において調理をする場合にあつては、次に掲げる要件を満たすこと。
⑴ 簡易な営業にあつては、一日の営業において約四十リットルの水を供給し、かつ、廃水を保管することのできる貯水設備を有すること。
⑵ 比較的大量の水を要しない営業にあつては、一日の営業において約八十リットルの水を供給し、かつ、廃水を保管することのできる貯水設備を有すること。
⑶ 比較的大量の水を要する営業にあつては、一日の営業において約二百リットルの水を供給し、かつ、廃水を保管することのできる貯水設備を有すること。

引用:厚生労働省Hp

印刷・保存用画像

さいごに


キッチンカーで調理のみならず、なにか既製品の食品を販売する方は、

保健所に許可以外に届出も必要です。

食品の届出方法:【解説】食品衛生申請等システムの届出の方法をわかりやすくまとめ | 肥前正宗 食品・グルメ情報サイト (hizenmasamune.com)

キッチンカーについてのまとめ記事はこちら

参考資料


厚生労働省:PowerPoint プレゼンテーション (mhlw.go.jp)

コメント

  1. […] キッチンカー向け施設基準の法律(原文):キッチンカーに必要な施設基準の法律(原文) […]

タイトルとURLをコピーしました